BLACKBILLY Official HP

BIOGRAPHY

Ba&Vo スケ
Gu&Vo ピコ
Dr マク

285件中   4 - 6 件表示 ( 全 95ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

明日の事を少し話そう

連投でスケです。


今日は1日中ブログ書いてます笑


明日7/7の大阪HOLYDAYにて行われるライブの事を少し話したいなと思いまして。


なんでBLACKBILLYがこんなにコテコテなV系イベントに出るの?
って思った人も居ると思います。

逆も然り、うちらを知らない人はなんでこのイベントにBLACKBILLYってゆうよく分からないバンド呼んだの?って思ったかもしれません。


昔俺がビジュアル系のバンドやってたときに凄く仲の良いVariable Messiah(バリアブルミサイア、略してバリミサ)ってゆう大阪のバンドが居ました。

今回のイベントで一日復活するメインのバンドです。

そのバリミサの中でも特に仲良かったのがギターのヒロキさん。


俺が当時やってたバンドの大事なライブでバリミサと2マンやったときに、ヒロキさん張り切りすぎてステージで頭ぶつけて流血してライブ中断するってゆうファンキー過ぎる事件を起こしたり、色んな思い出がありました。

しばらくしてお互いバンドが変わっても新しいバンド同士で対バンしたりとずっと仲良かった。


そうこうしてるうちに俺は東京に出る事になってビジュアル系からも離れて会う機会が無くなっちゃったんだよね。

なんだかんだ元気だろうって思ってた。



でも久しぶりにヒロキさんの話を耳にしたのが癌で亡くなってしまったってゆう報告だったんです。


ショックすぎて頭が真っ白になって子どもの様に泣き散らかした。

なんで癌のこと黙ってたのって
なんで俺、ヒロキさんに会いに行かなかったのって
ヒロキさんとの時間を放ったらかしにしてた自分に凄く後悔した。


亡くなってすぐのとき、せめて追悼イベントに出させて欲しいって無理言って出演させてもらった。


今年は早いもんで七回忌にあたる年なのかな。
それが今回のイベントの趣旨。


今となってはジャンル的にもアウェイだし今更うちらがしゃしゃり出る場所じゃないのかなって考えたけど、どうしても久しぶりに昔からの仲間とヒロキさんの話をして懐かしみたいし、会えるときに会いたい。
そう思ってまた今回も無理言って出演させてもらう事になりました。


それがこのイベントに出る事になった経緯。





きっと明日はうちらの事を知らない人がいっぱい居ると思います。

でもね、俺も明日来るお客さん達と同じ気持ちなんだよ。

久しぶりに会える友達と会って気兼ねない時間を過ごしたりみんなの近況を聞いたりしたい。

みんなの元気にバンドやってる姿を見たい。

もう居なくなっちゃったけど少しだけヒロキさんを感じたい。

残された者達が今でもバリバリ頑張ってるぞってゆう姿を見せてあげたい。

そう思ってます。





ちなみにこれは俺の個人的な考えだけど聞いて下さい。

誰かが亡くなるってゆう事はとても悲しい事には違いない。

でもね、起こった事をマイナスにだけ捉えてても仕方ないよ。

ヒロキさんが命を犠牲にしてくれたから明日みたいな奇跡の1日があるんだ。
またこうやって仲間が集まれるキッカケが出来たんだ。

そこでもし知らない誰かがうちらのライブを見て気に入ってくれたら、それはヒロキさんが巡り合わせてくれたんだ。


そうやってマイナスな出来事をプラスな事に変えれたら素敵だなって。



明日みたいなイベントでどうゆうライブしたら良いのかなとかゴチャゴチャ考えてたけど、まあナチュラルにいつも通りぶっ飛ばしていきます!

言いたい事は1つだけ

明日という日をみんなが今想像してるより5倍ぐらいハッピーな日にしましょう!!


よろしく!!


最後までお付き合いありがとう!

さてさて、出発の用意しよ。


では!

2017-07-06 22:12:01投稿者 : スケ

7/5PANTHERさんソロライブでした!

スケです。
久しぶりの更新になりますな。


7/5は恵比寿CLUB aimにてPANTHERさんのソロバンドでベースを弾かせてもらいましたよ!

バースデーライブとゆう事もあり終始和やかなムードでライブ出来て有難い限りでした。

ここでPANTHERさんをご存知無い方に軽く説明しておきますね。

2001年、彗星のように現れ一世を風靡したあのSEX MACHINEGUNSに加入し華麗なルックスと超絶テクニカルギターでその存在を世に知らしめ、マシンガンズ脱退後もthe CYCLEやELLEGUNSといったバンドで活躍し続けるカリスマギタリストです。

現在ではアイドルのPASSPO☆でもサポートギターを務めたりと多彩な才能をお持ちの方です。

後はWikipedia見て下さいw


そんなPANTHERさんのソロバンドでベースを弾かせてもらうようになってから、もう何年経ったのかなーとさっき過去のブログを読み返してたらもう5年も経ってた!!!
どっひゃーーー!!!!
時間の流れ早えええええええ!!
怖ええええええ!!
こうやって人間死ぬときに人生一瞬だったなとかゆうダサいセリフ吐くのかなとか考えたら死ぬの怖ええええええ!!


おっと、想像が膨らみ過ぎて脱線しました。


本当にPANTHERさんにはずっとお世話になってる。

最初の出会いはワンマンライブのO.AをBLACKBILLYがやらせてもらったとき。
その当時は別の人がベース弾いてた。

今でも覚えてる。
ガチガチに緊張してまともに話せなくて必死で出る言葉が外国人のカタコトの日本語みたいだった。
まさか自分がベース弾くなんて思ってもみなかった。

そのライブの数ヶ月後、PANTHERさんの事務所からベースやってみない?ってゆうオファーがあって心臓破裂するかと思った。
でもそれはチャンスだし何より俺にオファーをくれたってゆう事が嬉しかったから頑張りたいと思ったんだ。
そしてプロの現場ってゆうのを体験したかった。

何もかもBLACKBILLYでやってる事とは180°違ったなー。
リハスタジオにも事務所のスタッフさんやテックさん(機材管理したり音作り等をする人)まで居る。
正直、俺場違いなんじゃないかって不安になって泣きそうだった。笑


凄く自分なりに頑張ったけど初めてのライブでは凡ミス連発したりで悔しい結果に終わった。
自分の頑張りが足りない事やプロは決して甘いものじゃないってゆう事を身をもって実感した。
正直、次はオファー来ないだろうなって思ってた。

でもそんなダメダメだった俺にまた次のライブでもベース弾かせてくれて色々勉強させてくれて、そして今でも続けさせてくれてる。
本当に心の広い人なんだなと感動しました。
お陰様で昔よりは少しだけ成長出来ました!


ちなみにPANTHERさんのライブ現場でテックをやってるのが俺がいつもベースの事でお世話になっているESPの萬成さん。
萬成さんとの出会いもそこなのでPANTHERさんが居なかったら萬成さんとも出会ってないし今のESPのベースとも出会ってない。
本当に色んな縁を繋げてもらったり沢山のものを与えてくれました。

更に言うとPANTHERさんのマネージメントをやってるAMGという事務所の社長、戸田さんが俺の昔やってたバンドを東京に出て来いと引っ張ってくれた。

このチームの人達あっての今があるから感謝しかないですよね。


昨日はそんな色々を噛み締めてベース弾いてたスケさんでしたとさ。


ちなみに昨日の会場でピコがお客さんに無料配布のCD配ってたんですが、お客さんみんな快く受け取ってくれたようでその話を聞いたときも嬉しかったな。

器の大きい人にはやっぱり良いお客さんが付くんだなと。

PANTHERさんのお客さんにも今のBLACKBILLY聴いたり見たりしてもらえたら嬉しいな。

あいつ、BLACKBILLYでのベースはこうゆう感じだけどこっちじゃこう弾くんだ、みたいな新しい楽しむ視点も生まれるだろうしね。
バックバンドだしオマケっちゃオマケだけど、オマケまで楽しめるPANTHERソロバンドだったらよりお得じゃない!笑




そんなこんなで話が長くなり過ぎましたがPANTHERさん昨日はお疲れ様でした!
誕生日おめでとうございました!
これからも、いつまでもお元気なセクシーさんで居て下さい!
小指の骨折早く治りますように!





とゆうわけで久しぶりのブログ更新でした!
お付き合いありがとう!


そして今日もう1回更新すると思いますw

2017-07-06 17:00:31投稿者 : スケ

月刊 自作自演インタビュー!

月刊アーティスト突撃インタビューのコーナー!


いきなり何の前触れも無く、先日の新しいアー写発表でビジュアルを極端に路線変更させたBLACKBILLY。今回はその意図をリーダーであるスケ氏に迫ってみました!




--では早速インタビューを始めさせてもらいます。
今回のいきなりのHEAVY METAL zombieとゆうコンセプト、どういった意図なんですか?


-スケ(以下ス)
意図ですか(笑)そんな大袈裟なものではないですよ。
BLACKBILLYが3人編成で新曲を作ったのは実は2013年以来なんですよ。


--結構サボってましたね!


-ス
(苦笑)
まあ、その間新しいメンバーが居たような居なかったような(笑)




--一同(爆笑)



-ス
なので2013年のBLACKBILLYの続きを作ろうと考えまして。
2013年の夏に「Kill the BLACKBILLY」とゆうシングルを発売して冬に「BLACKBILLY is DEAD」とゆうミニアルバムを発売しました。
これはそのときのBLACKBILLYを殺して生まれ変わろうとゆう気持ちで作りました。




--その後活動休止する事になって本当に死にかけてたんですね!




-ス
はぁ…すいません…。
それ以降の構想がどんなけ考えても思い浮かばなくて…。



--だから苦しまみれにKey&Voを入れたんですか!?




-ス
...…ってゆうわけではないんですけどね。

あのときはどちらかと言うとBLACKBILLYを生き返らせるとゆうイメージでやってました。
だからこれでもかってゆうくらい前向きなメッセージの曲ばかり作っていました。




--柄にも無い事をやっていましたね!



-ス
そう…ですね…。
でも逆に3人に戻って吹っ切れました。
無理して生き返る必要は無いかなと。
本来はたぶん根暗な性格してるんで。




--そうだと思います!




-ス
……。

だから今回はBLACKBILLY is DEADの先、要するに「死の向こう側」は何かって考えたらzombieだったんですよ。
心境的にも吹っ切れてもう折れない気持ちを身に付けたと思ったんで殺しても死なないゾンビがイメージにピッタリだなと。




--あ、そうなんですね。ふーん。



-ス
あまり興味無さそうですね?(笑)



--では新曲について質問です。HEAVY METAL zombieというからにはHEAVY METALなんですか?


-ス
メタル調ではありますが完全にHEAVY METALってゆうわけではありませんよ。
僕は結構古いメタルやハードロックが大好きで特にKISSやJUDAS PREASTやアイアンメイデンらへんのバンドが好きなんです。
そういうバンドの音楽を今風にエンターテインメント化したらこんな感じかなってゆうイメージで作りました。
なのであくまでも本物のHEAVY METALとは少し違うと思います。
昔、BLACKBILLYを結成するときSlipknotとKISSを融合させたような曲を作りたいって言ってたんですが約10年掛けてそれに近い物がやっと完成したと思います。




--んー。なんだかよく解らないですね。




-ス
あ?てめえさっきから何のつもりだ?
こっちが真面目に答えてやってたら調子乗りやがって。ふざけんじゃねえぞ!
そもそもちょっと見た目の雰囲気変わっただけでごちゃごちゃ言うんじゃねえ!
よく解らないんならてめえの目でライブ見に来て確かめろ!
インタビューはお終いだ!もう帰る!バンッ!




--とゆうわけでインタビューを終わらせてもらいます。今日はありがとうございました。




--一同(爆笑)













なんじゃこりゃww

2017-03-04 21:25:51投稿者 : スケ
285件中   4 - 6 件表示 ( 全 95ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...